留学?旅行?語学力を鍛えるコツ

私立学校について

世界中に語学学校はありますが、数でいえば、大学付属の語学学校よりも、私立の学校の方が多いです。

プライベートスクールと呼ばれていて、民間の業者が運営をしている学校のことを指します。
私立で運営されているので、自由度が高くなっている所が特徴です。

このため、学校の方針についてもかなり開きがあります。
例えば、大学や大学院に進学をするための勉強ができるような、大学付属の語学学校に近いカリキュラムを提供している所もあります。
一方で、日常の会話や趣味を生かした中で語学をマスターできるようなカリキュラムを用意している学校もあります。
アクティビティに力を入れて、語学プラスアルファで楽しく授業できるようなプログラムにしている所もあります。
ですから、プライベートスクールで勉強しようと思っているのであれば、まず個別の学校でどのような分野に力を入れて授業の提供をしているか考えましょう。
またプライベートスクールを見てみると、キャンパスが短語学学校と言ったジャンルもあります。
プライベートスクールと大学付属の語学学校のちょうど中間に位置しているような学校です。

キャンパス型の語学学校とは、特定の大学の施設を自由に利用することができます。
しかし大学付属の場合、従業のプログラムが大学の学期に縛られることが多いです。

しかしキャンパス型の語学学校の場合には、入学する日取りについて、より柔軟に対応してくれることが多いです。

また学習する期間も結構自由にこちらで選択することができるようになっているケースが多いです。

ですから、自分のスケジュールを優先して入学する日取りを決めることができますし、短期の留学をすることも可能です。

プライベートスクールの良い所は、コースが多様化する傾向がある点です。

ただ単に語学を勉強するのではなく、他のプラスアルファもこなせるような授業も多いです。

スポーツをしながらとか、料理をしながら英語の勉強をすることができるクラスもあります。
自分の趣味を生かせるので、より英語が身に付きやすくなる可能性も期待できます。
また数週間の短期のコースも用意されていますし、入学時期も自由な所が多いので思い立った時に勉強できるメリットもあります。
しかし日本の大学でも言えることですが、私立の学校に通う場合には授業料が割高になってしまう傾向があります。
海外のプライベートスクールも同様で、大学付属と比較すると、授業料は割高になる傾向があります。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright (C)2017留学?旅行?語学力を鍛えるコツ.All rights reserved.