留学?旅行?語学力を鍛えるコツ

雑費を考慮する

意外と語学留学する時に考慮する必要があるのは、雑費についてです。

いわゆるお小遣いですが、何かとかかってしまうことが多いです。

例えば、留学先でいろいろと現地の友人ができることもあります。
その友人たちとどこかに遊びに行くとか、一緒にどこかに食事しに行くと言ったこともあるかもしれません。
このような交流をすることで、語学力をアップさせることもできます。
また語学学校の授業付けになってしまうと、さすがに精神的にも疲れてしまいます。
そこで休日を利用してどこかに遊びに行くことでストレスを発散し、気分をリフレッシュすることも重要です。

特に長期的に語学留学をする人は、息抜きをして生活にメリハリを付けることも大切です。

このように娯楽費や公債費などもねん出しないといけないことを想定して負いましょう。
またホームステイをしている人も出てくるはずです。

基本的に食費は、ホストファミリーが食事を作ってくれるので頭の中に入れる必要はありません。
しかしホストファミリーの中には、授業に出ている時の昼食については外食を求めるケースもあります。
この場合には昼食にかかるお金についても検討する必要があります。
雑費にかかる費用ですが、留学する国々の事情によって多少は変わってきます。
しかし現在のところ相場とされているのは、3〜5万円の間と言われています。
学生の方で、語学留学を希望する人も多いでしょう。
そのような人の中には両親が費用の負担をしてくれるケースもあるかもしれません。
その場合にはあらかじめお小遣いをどのようにするかについて、両親と相談して設定をしておきましょう。
せっかく友人ができて休日にどこかにお誘いがあっても、お金の問題で断るようなことがあれば、非常にもったいないことです。

また語学学校と自宅に距離があるケースも出てくるでしょう。
その場合には、公共交通機関などを使って通学することになるかもしれません。
このようなケースでは、交通費がいくらぐらいかかるかも想定しておく必要があります。
交通手段ですが、国によっていろいろとあります。
バスを使って通学する場合もあれば、電車を使って通学することもあるでしょう。
交通費を極力抑えたいと思っているのであれば、少しでも語学学校から近い所に住む場所を確保するようにしましょう。
交通費をできるだけかけたくないのであれば、学生寮に入れるのであれば、入った方が安く浮かせることができます。
学校の至近距離にある場合が多いからです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright (C)2017留学?旅行?語学力を鍛えるコツ.All rights reserved.